2015年12月14日月曜日

iPad Proのある物語

iPad Pro Wi-Fiモデル 128GB シルバー を購入しました。

よくよく考えてこれから活用する画材として必要だと判断し購入に踏み切りました。
この秋冬は外出先で原稿をする事が多く、やはり液タブがないと作業が進まないと感じました。
これからも外出先で実用的に原稿をするにはどうすれば良いかを思案した結果iPadProになりました。
SurfaceやCintiq Companionも考えましたが慣れ親しんだMacOSを選びました。
ただiPad ProはiOSです。MacOSのペイントソフトは使えません。
ですがMacを液タブ化できるアプリ「Astropad」がiOSにはあります。
これを使う事にしました。

MacBook Air
iPadPro
Astropad
CLIP STUDIO
Photoshop

この組み合わせで外出先でも印刷物(600dpiのオフセット印刷物)に使える絵を描けると判断しました。
(写真はMacを液タブ化したiPadProのキャプチャです)

持ち歩くには少々重たいのがネックですが(MacBook Air&iPadProで約2Kg)
車での移動も多いのでなんとかなるかと思います。
これで場所を選ばずどこでも原稿ができます!

・・・ただしApple Pencilが入荷待ちなため、いまは大きなiPadです…(^_^;)

1 件のコメント: