2014年10月4日土曜日

iPhone6Plus用バンパー

注文していた海外のiPhone6Plus用のアルミ製バンパーが到着しました。
iPhoneと同じシルバーカラーなので目立ちませんが、落ち着きのある良い感じになりました。
ストラップホールはなかったのでイヤホンジャックに通してあります。

次はオリジナル背面シートの制作です。
それと背面保護ガラスの発売が待ち遠しいです。

iPhone6Plusを使い始めて二週間

iPhone6Plusを使い始めて二週間が過ぎました。
最初は戸惑っていた大きさにも慣れました。
逆にiPhone4や5を触るととても小さくて感じます。
6Plusは全てを片手操作することはできませんが、ある程度なら大丈夫です。
それでも両手操作が基本になりますね。
無理な持ち方をして落とすのは怖いので気をつけたいです。
そんな感じに全く不満もなく楽しく使えています。

写真は秋葉のイケショップで購入した車載ホルダーです。
大型のiPhone6Plusに丁度いいサイズでした。

もう一枚はiPhone6Plusの背面を初代iPhone風にしてみました(^^)

2014年9月20日土曜日

iPhone 6 Plus擬人化です。

2014年9月19日発売のAppleのiPhone6&6 Plusを記念してiPhone 6 Plus擬人化です(^^)

【Apple擬人化イラストサイト】 http://www1.odn.ne.jp/bijyutubu/iPhone/ZPC/iPhoneCO.html



iPhone6Plusおむかえしました。

2014年9月19日、2年ぶりに新型iPhoneをおむかえしました。

今回は新しいラインナップの大型サイズ「Plus」が出ると言うことで、ここは敢えて大きい方を選択。
発売日に無事にiPhone6Plus 64GB シルバーを手に出来ました。
64GBを選んだ理由は、二年使ったiPhone5が64GBでまだ余裕があったので今回も64GBにしました。
実機を触った感じは確かに大きいです。
しかし大きさから感じる重さはなく軽いです(ただケース次第では重くなりそうですね)。
ズボンのポケットにも入りますが、折れ曲がってしまいそうで怖いです…。
専用のポーチが必要そうですね。
デザインはiPhone4~5まで側面が角ばった形でしたが、iPhone6は初代のiPhone3Gのような丸みを帯びたデザインに戻りました。
おかげで握った感じはかなりしっくり来ます。
ただ自立できなくなったは残念です(立てかけて置けなくなりました)
裏面はシンプルな金属平面とモールラインのデザインに。
ガラス素材が無くなったことで落としたときのヒビの心配は無くなりました。
スクリーンは5.5インチで大型化。大きいだけあって見やすいです。
ただし片手操作は無理でした。iOS8には片手操作を出来るようにホームボタン二回タップでスクリーン表示を下げる操作があります。
しかしそれでも5.5インチの左上まで指が届きませんでした。
なのでiPhone6Plusは両手で使うデバイスと思って使うのが一番です。
こうして見るとiPhone6PlusはiPhoneの大きい版というよりiPad miniの小さい版と考えるのがいいかもしれません。


とりあえずファーストインプレッションはこんな感じでした。
というわけでマイiPhoneを並べて記念写真を♪
おまけでケータイ捜査官7との比較写真を(^^)





2014年9月16日火曜日

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」そして「Apple Watch」擬人化を

先週Appleスペシャルイベントが行なわれ「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」そして「Apple Watch」が発表されました。
iPhoneは正統進化で様々な機能が加えられました。
ことらは購入予定で、ここは一つ大型化した「iPhone 6 Plus」に行きます!

そして今回の目玉は「Apple Watch」。
新しいデバイスということでその機能は未知数ですね。
発売は来年年明けらしいのでこれから情報も出てくると思います。
私は懐中時計派なので腕時計をしませんが、Apple Watchはベルトの取り換えが自由なので懐中時計に改造するのもアリかもしれません。
発売が楽しみです。

というわけで、恒例のiPhone擬人化とApple Watch擬人化です(^^)